テクニカルデータ

Image
Leica M11
Technical Data Files

LEICA M11

形式 デジタルレンジファインダーカメラ
寸法 139 x 38,5 x 80mm
質量 ブラック:約455 g(バッテリー含まず)/約530 g(バッテリー含む)
シルバー:約565 g(バッテリー含まず)/約640 g(バッテリー含む)
材質 ブラック:金属製(マグネシウム、アルミニウム)、合皮外装
シルバー:金属製(マグネシウム、真鍮)、合皮外装
バッファメモリー 3 GB
DNG™:15枚
JPG:100枚以上
センサーサイズ CMOSセンサー、画素ピッチ:3.76 μm、35 mm:9528 x 6328画素(6030万画素)
記録媒体 UHS-II(推奨)、UHS-I、SD/SDHC/SDXCカード(SDXCカードは2 TB以下)、内蔵メモリー:64 GB
レンズマウント ライカMバヨネットマウント(6ビットコード装備)
動作環境 0°C~+40°C
インターフェース ライカフラッシュユニットとライカビゾフレックス2(別売)用の追加制御接点を装備したISOアクセサリーシュー、
USB 3.1 Gen1 Typ C
三脚用ねじ穴 A 1⁄4(1⁄4インチ、DIN4503に準拠)、合金製
プロセッサー ライカ マエストロ シリーズ(Maestro III)
フィルター RGBカラーフィルター、UV/IRフィルター、ローパスフィルター無し
記録形式 DNG™(RAW、ロスレス圧縮)、DNG + JPG、JPG(DCF、Exif 2.30)
解像度(静止画)

DNG™
L-DNG 60,3 MP 9528 x 6328 px
M-DNG 36,5 MP 7416 x 4928 px
S-DNG 18,4 MP 5272 x 3498 px

JPG
L-JPG 60,1 MP 9504 x 6320 px
M-JPG 36,2 MP 7392 x 4896 px
S-JPG 18,2 MP 5248 x 3472 px

記録形式や解像度に関係なく、常にセンサー全面を使用します。
1.3倍と1.8倍とデジタルズーム機能搭載(L-DNGまたはL-JPG設定時)

ファイルサイズ

DNG™
L-DNG aprox. 70–120 MB
M-DNG aprox. 40–70 MB
S-DNG aprox. 20–40 MB

JPG
L-JPG aprox. 15–30 MB
M-JPG aprox. 9–18 MB
S-JPG aprox. 5–9 MB

静止画:記録画素数や被写体により異なる

色深度 DNG™:14 bit、JPG:8 bit
色空間 sRGB
ファインダー/モニター  
ファインダー 大型ブライトフレームレンジファインダー(パララックス自動補正機能付き)、視度:–0.5 dpt、視度補正レンズ–3~+3 dpt(別売)を装着
可能
表示 4マスデジタル表示(上下の点を含む)、フレーミング:2フレーム1組: 35 mm + 135 mm用, 28 mm + 90 mm用, 50 mm + 75 mm用(レ
ンズ装着時に自動切替)
パララックス補正 ファインダー、レンズ間に生じる水平方向と垂直方向のパララックスを、ピント合わせの際に自動的に補正ファインダー内表示画像と撮影
範囲撮影範囲は、被写体までの距離によって変わります。
2 m:撮像素子サイズ(約23.9 x 35.8 mm)
2 mより大きい~無限遠:ブライトフレームの大きさよりも約7.3%(28 mm)~18%(135 mm)大きい範囲(焦点距離によって異なる)
2 m未満:撮像素子サイズ以下
ファインダー倍率 0.73倍(全レンズ共通)
大口径レンジファインダー スプリットイメージ方式または二重像合致式(ファインダーの中心部に明るく表示された測距枠内にて)
モニター 2.95型(アクティブ・マトリクス駆動TFT液晶モニター)、Gorilla Glas 5製カバーガラス、2,332,800ドット、縦横比
3:2、タッチパネル
シャッター  
シャッタータイプ 電子制御式フォーカルプレーンシャッター/電子シャッター
シャッタースピード フォーカルプレーンシャッター:60分~1/4000秒
電子シャッター:60秒~1⁄16000秒
フラッシュ同調速度:~1⁄180秒
撮影直後に「ブラックピクチャー」(シャッターを閉じて撮影するノイズ画像)を自動的に撮影しノイズを低減するノイズリダクション機能搭載
シャッターボタン 2段式(1段目:カメラ起動、測光/AEロックオン、2段目:レリーズ)
セルフタイマー撮影 カウントダウン:2秒または12秒
ドライブモード 1コマ
コンティニュアス - 低速(3 fps)
コンティニュアス - 高速(4.5 fps)
インターバル撮影
オートブラケット
ピント合わせ  
合焦範囲 70 cm~∞
フォーカスモード マニュアル(アシスト機能として、自動拡大、フォーカスピーキングが使用可能)
露出  
測光方式 TTL測光(レンズの実絞りによる測光)
測光形式 撮像素子による測光(ライブビューモード、レンジファインダーモードともに、すべての測光方式にて)
測光方式 スポット測距、中央重点、多点
露出モード 絞り優先AE(A):シャッタースピード=オート設定、絞り値=マニュアル設定
マニュアル(M):シャッタースピード、絞り共にマニュアルで設定
露出補正 ±3 EV(1⁄3 EV ステップ)
オートブラケット 撮影コマ数:3枚または5枚、露出ステップ:最大3 EV(ステップ幅:1⁄3 EV)、露出補正も可:最大±3 EV
ISO感度 オートISO:IS0 64(ネイティブ)~ISO 50000、フラッシュモードでも使用可能
マニュアル:ISO 64~ISO 50000
ホワイトバランス オート(オート)、プリセット(晴天 - 5200 K、くもり - 6100 K、日かげ(晴天時) - 6600 K、白熱灯 - 2950 K、HMI - 5700 K、蛍光灯(暖色) - 3650 K、
蛍光灯(寒色) - 5800 K、フラッシュ - 6600 K)、マニュアル(グレーカード)、色温度マニュアル設定(色温度 - 2000 K~11500 K)
フラッシュ  
フラッシュユニットの接続 ホットシュー接点
測光形式 フラッシュ撮影時:撮像素子による測光(ライブビューモード、レンジファインダーモードともに、
すべての測光方式にて)
フラッシュ同調速度 1/180秒、遅いシャッタースピード使用可、同調速度低下:HSS対応ライカフラッシュユニット使用時TTLリニアフラッシュモードに自
動切り換え
フラッシュ測光方式 中央重点TTLプリ発光による測光(ライカフラッシュユニット(SF 26、SF 40、SF 58、SF 60、SF 64)
またはコマンダーSF C1使用時)
フラッシュ発光量調整 SF 40:±2 EV(1⁄2 EV ステップ)
SF 60:±2 EV(1⁄3 EV ステップ)
他:±3 EV(1⁄3 EV ステップ)
フラッシュ撮影時の表示(
ファインダー内のみ)
フラッシュマーク:外付けフラッシュ接続時
その他の装備  
ワイヤレスLAN ワイヤレスLAN機能を使用するには、アプリケーション「Leica FOTOS」が必要です。Google Play Store™または、Apple App Store™でダ ウンロードできます。2.4 GHz/5 GHz* dual band IEEE802.11 a/b/g/n/ac Wave2ワイヤレスLAN(標準ワイヤレスプロトコル)、暗号化方
式:ワイヤレスLAN互換性WPA™/WPA2™、アクセス方式:インフラストラクチャーモード
Bluetooth* Bluetooth v4.2 BR/EDR/LE, BR/DRチャンネル、1-79LEチャンネル 0–39(2402–2480 MHz)
GPS*
*2022年後半のファームウェアアップデート時より
提供開始
Bluetooth経由にてLeica FOTOS App使用の際に位置情報記録が可能
表示言語 英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、日本語、簡体中国語、繁体中国語、
韓国語、ポルトガル語
電源  
バッテリー
(ライカ BP-SCL7)
充電式リチウムイオンポリマー二次電池、定格電圧:7.4 V/容量:1800 mAh、最大電力/電圧:DC 1000 mA、7.4 V、
動作環境:+10°C~+35°C(充電時)/0°C~+40°C(放電時)、製造:Fuji Electronics (Shenzhen) Co., Ltd.、中国製
約700枚(レンジファインダー使用時、CIPA規格による)、最大約1700枚(ライカ最適化撮影サイクル)
バッテリーチャージャー
(ライカ BC-SCL7)
入力:USB Type-C、DC 5 V、2 A、出力:DC 8.4 V、1 A、動作環境:+10°C~+35°C、製造:
Dee Van Enterprises Co., Ltd.、中国製
アダプター
(ライカ ACA-SCL7)
入力:AC 110 V - 240 V ~ 50/60 Hz、0.3 A、出力:DC 5 V、2 A、動作環境:+10°C~+35°C、製造:
Dee Van Enterprises Co., Ltd.、中国製
USB電源 カメラの電源がオフの場合、またはスタンバイモード時:USB充電
カメラの電源がオンの場合:USB給電と間欠充電

ファームウェア&ダウンロード

ライカは、ユーザーの皆様の写真への情熱に応えられるように取り組んでいます。ライカのカメラでいつまでも写真撮影をお楽しみいただけるように、最新ファームウェアを随時提供しています。 ライカM11のファームウェアをアップデートして、新しい機能や性能をご活用ください。

最新ファームウェアをはじめとする各種コンテンツのダウンロードはこちらから

Instructions