Image
Leica Cine Header Keyvisual

LEICA CINE 1

The Art of Home Cinema.

ライカの伝統を受け継ぐ「Leica Cine 1」は、映像を通じて見る者に感動を与えます。エルンスト・ライツ社の技術者だったオスカー・バルナックが1914年に35mm判基準を開発したことからも、ライカとシネマに深いつながりがあることを証明しています。バルナックは35mmのシネマフィルムをカメラにも用いるために、1コマ(シングルフレームフォーマット)18x24mmのシネマフィルムを、二倍の大きさ(24x36mm)に拡大して採り入れたのです。また、ライカ(ライツ)では数十年にわたり展開するプロジェクター「プラドビット」、映画制作者が自分のビジョンを巧みに表現できるように設計された "Made in Germany" の高性能なシネレンズを製造しています。そして、今、「Leica Cine 1」がご自宅のリビングに登場します。

Remote video URL
最高のホームシネマ体験を

RGBトリプルレーザー、Leica Image Optimization(LIO) TM、ライカ ズミクロンレンズ。こだわり抜いた技術によって投影される映像をホームシネマでお楽しみいただけます。4Kの高画質とDolby Atmosサラウンドサウンドが融合し、深みのある自然な色合いとシャープなコントラストが織りなす映像美をクリスタルクリアなサウンドとともにご体験ください。

本格的なシネマ体験をご自宅で。DMD(デジタルマイクロミラーデバイス)や近距離から80インチ、100インチ、または120インチの大画面を投影することができる超短焦点レンズなどの最新技術により、どの瞬間も臨場感溢れるシーンとして映し出すことができます。
さらに、インテリジェント機能を搭載した「Leica Cine 1」は、さまざまなニーズに応えるオールインワンタイプのエンターテイメントシステムです。シンプルさと本質を追求したデザインを採用し、クラシックながらもタイムレスな外観はどんなインテリアにも自然に溶け込み、ご自宅の空間をスタイリッシュなリビングへとアップグレードします。

Image
_03_bild_3840x2160.jpg
Image
02_uebersicht_bildcopy_1740x1160.jpg

卓越した画質

私たちは情熱をもって、完璧なテクノロジーを追い求めています。「Leica Cine 1」はRGBトリプルレーザー技術、Leica Image Optimization(LIO) TMをライカ ズミクロンレンズを組み合わせることで、"ライカルック" を実現した鮮やかな映像を生み出すことができます。マスターピースと呼ばれる名作映画を80インチ*、100インチ、または120インチの大画面に映し出し、本物のシネマ体験をご自宅で思いのままに堪能することができます。
*ヨーロッパでのみ提供(イギリスを除く)。

Image
perspektive.jpg

独自のテイストを活かしたデザイン

本質に焦点を当て、洗練されたタイムレスなデザインと機能性を両立。耐久性に優れたアルミニウム製ハウジングはスタイリッシュでありながら、サウンドホール付きスピーカーカバーと自動ダストカバーを装備し、シンプルなデザインと卓越したエンジニアリングを融合しています。「Leica Cine 1」は、リビングをホームシアターへと変貌させるステートメンピースです。

Image
_05_copy_bild_1740x1160.jpg

ホームエンターテイメントの新基準

トリプルチューナーを内蔵し、Dolby VisionおよびDolby Atmosサラウンドサウンドをはじめ、スマートテレビやFilmmaker Mode TM対応など多彩な機能により、現実とフィクションの境界が曖昧になるほどの本格的なホームシアターを満喫できます。オールインワンタイプのエンターテイメントシステムでラグジュアリーなホームシネマをぜひお楽しみください。

Availability

「Leica Cine 1」は、南米、アフリカ、アジア(中国・アラブ首長国連邦・カタールを除く)の地域では販売されていません。

「Leica Cine 1」はヨーロッパにて販売。(イギリスでは2023年8月販売開始予定)次の地域では2023年9月販売開始予定: アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、アラブ首長国連邦、カタール