戻る

新製品:ライカ ゾフォート 2

ライカのハイブリッドインスタントカメラがエレガントなデザインと 3 色のカラーバリエーションで登場

かつて、カメラの黎明期には撮影した瞬間から実際に写真として見ることができるまでには数時間から数日を要していました。その後、撮影したその場で写真をプリントできるインスタントカメラが1947年に登場すると、新しい写真体験ができるカメラとして話題を集め、70年代から80年代にかけては大ブームを巻き起こしました。インスタントカメラは、その当時「スピード感」の代名詞的存在でしたが、時間の流れが加速する今日においてはむしろ「ゆったりとしたひととき」を想起させる存在となっており、その魅力に再び脚光を浴びつつあります。そうした中で、ライカカメラ社はこのたび、インスタントカメラ「ライカ ゾフォート」シリーズの第二世代となる「ライカ ゾフォート2」を発売いたします。「ライカ ゾフォート2」は、今なお根強い人気を誇るアナログ的な要素と現代にふさわしいデジタル的な要素がシームレスに融合したハイブリッドインスタントカメラです。

外観デザインは、インダストリアルデザインのノウハウを活かし、ライカらしいモダンかつエレガントでミニマルな雰囲気に仕上げられています。メニューと操作ボタンのレイアウトはライカのデジタルカメラと統一感を持たせたユーザーフレンドリーなデザインとなっており、インスタントカメラでありながらもライカらしさを体感できる操作性を実現しています。

「ライカ ゾフォート2」の注目される新機能は、画像をデジタルデータとして保存できるようになったことです。これにより、撮影後に好きな写真だけを選んでプリントすることが可能となりました。ライカの他のデジタルカメラで撮影した画像やスマートフォンに保存されている画像も、「Leica FOTOS」アプリと接続すれば、アプリのギャラリー経由で取り込んでプリントすることができます。プリント操作もシンプルで、レバーを引くだけでプリントが出てきます。また、ライカでは専用フィルムとして、2種類のフレームカラー(ウォームホワイト/ネオゴールド)のフィルムが展開されます。

ミニマルでスタイリッシュなデザインとシンプルな操作性を特長とする「ライカ ゾフォート2」のカラーバリエーションは、ブラック、レッド、ホワイトの3種類です。家族や友人と写真撮影が気軽に楽しめるほか、イベントや旅行での特別な思い出をシェアするのにも最適です。また、ボディ正面に配されたシャッターボタンで簡単に楽しめるセルフィー、広角特性を活かした風景写真、最短10cmまで被写体に近づけるマクロ撮影など、クリエイティブな表現が実現できる楽しい機能を豊富に搭載しています。さらに、レンズエフェクトとフィルムエフェクトを各10種類ずつ搭載しており、クリエイティビティを存分に発揮した作品づくりの可能性が広がります。

「ライカ ゾフォート2」の登場に合わせて専用アクセサリーも登場します。プリントした写真を飾ってお楽しみいただける木製フォトフレームからリストストラップ、キャリングストラップ、バッグなどのアクセサリー類が多彩に揃います。アナログならではの魅力が光るインスタント写真も、ソーシャルメディアで発信するデジタル写真も。「ライカ ゾフォート2」で切り撮った瞬間をシェアしてお楽しみください。

「ライカ ゾフォート2」は、ライカストア、ライカオンラインストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて2023年11月10日(金)より販売開始予定です。

Press Release Leica Sofort 2 October 2023.pdf
フォーマット
pdf (153.54 KB)
Image

ライカカメラ社-写真撮影のパートナー

ライカカメラ社は、カメラ製品とスポーツオプティクス製品をグローバルに展開するプレミアム企業です。卓越した品質の製品を作り続けた長きにわたる伝統とドイツのクラフツマンシップや革新的な技術と結びついた工業デザインにより、ライカブランドは伝説と呼ばれるほどの評価を確立しています。写真界の発展に寄与する活動として、世界各地に展開するライカギャラリーやライカアカデミーに加えて、「Leica Hall of Fame Award」の創設や、世界で最も権威のある国際写真コンテストのひとつとして認知されている「ライカ・オスカー・バルナックアワード(LOBA)」を主催するなど、さまざまな文化活動も行っています。

ライカカメラ社は、ドイツのヘッセン州のウェッツラーに本社を置き、ポルトガルのヴィラ・ノヴァ・デ・ファマリカンに第二工場を持っています。また、世界の各地域に拠点を築き、直営の販売店を独自のネットワークにより運営しています。