戻る

特別限定モデル:ライカZM 1 Gold Edition

ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、ライカの腕時計「ライカWatch」の特別限定モデル「ライカZM 1 Gold Edition」を発売いたします。「ライカZM 1 Gold Edition」は、先駆的なテクノロジーを世に送り出し続けてきたライカの豊かな歴史へのトリビュートとなる製品です。ケースの素材にゴールドとチタンというプレミアム感のある2種類の金属を使用したエクスクルーシブなモデルは、「ライカZM」シリーズの特別限定モデルにふさわしく、腕時計づくりの高度なクラフツマンシップとアイコニックなデザインへの徹底したこだわりを見事に反映させた、高級感漂うタイムピースに仕上がっています。

ケースは素材に18Kピンクゴールドと高強度のグレード5チタンの2種類の金属を使用したユニークなつくりで、一流の職人が丹精込めて鍛造しています。グレード5チタンは耐久性にも優れた素材で、航空業界や自動車業界でも使用されています。ライカで初めてゴールドを材質としたカメラとして1929年に登場した「Leica I(a) Luxus」へのオマージュでもあり、ライカブランドの伝統として受け継がれてきた高精度なメカニズムと洗練されたデザインをタイムピースとして現代風に表現しています。 

文字盤の美しいグラデーションは、特殊なカラーリングと金属製ブラシを用いた熟練技術により実現しています。インデックスと針には亜鉛メッキ加工を丁寧に施し、ゴールドのケースにマッチする温かみを与えています。ムーブメントは「ライカキャリバーLH-1001」です。このムーブメントはドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州のシュヴァルツヴァルト地方に拠点を置く、レーマン・プレシジョン社が手作業で製作しているもので、厳格な5軸調整試験をクリアしています。リューズには、一般的な腕時計とは異なり、ライカ独自の特許取得済みの「プッシュ式」を採用。リューズを押し込むだけで時計が停止してスモールセコンド針がゼロの位置に戻る仕組みになっており、容易に時刻を合わせることができます。

特製ストラップは、限定モデルにふさわしいユニークなアリゲーターレザーを使用しています。このアリゲーターレザーは、アメリカの認定養殖場から供給される皮革を、イタリアの一流のなめし工場で天然なめし加工を施すことにより、グレーブラウンの洗練された色合いが備わっています。1本1本に細心の注意を払ってステッチを手縫いすることで、耐久性と上品さを兼ね備えたストラップに仕上がっています留め具にはケースと同じ18Kピンクゴールドを使用したバタフライバックルを採用しています。 

「ライカZM 1 Gold Edition」は、世界限定50本で販売いたします。日本では、2023年12月下旬よりライカ銀座店にて販売予定です。販売は完全予約制で、購入希望者ごとに個別販売となります。

Press Release Leica ZM 1 Gold Limited Edition November_2023.pdf
フォーマット
pdf (91.18 KB)
Image

ライカカメラ社-写真撮影のパートナー

ライカカメラ社は、カメラ製品とスポーツオプティクス製品をグローバルに展開するプレミアム企業です。卓越した品質の製品を作り続けた長きにわたる伝統とドイツのクラフツマンシップや革新的な技術と結びついた工業デザインにより、ライカブランドは伝説と呼ばれるほどの評価を確立しています。写真界の発展に寄与する活動として、世界各地に展開するライカギャラリーやライカアカデミーに加えて、「Leica Hall of Fame Award」の創設や、世界で最も権威のある国際写真コンテストのひとつとして認知されている「ライカ・オスカー・バルナックアワード(LOBA)」を主催するなど、さまざまな文化活動も行っています。

ライカカメラ社は、ドイツのヘッセン州のウェッツラーに本社を置き、ポルトガルのヴィラ・ノヴァ・デ・ファマリカンに第二工場を持っています。また、世界の各地域に拠点を築き、直営の販売店を独自のネットワークにより運営しています。