Image
storypage_Alfredo_Cuhna_start_2400x1350.jpeg

その港は・・・

アルフレド・クーニャにとって
ライカQ2モノクロームとは

ポルトガル北部のレイショエス港 は、1893 年の開港以来長い歴史の中で、偉大な港がそうであるように、ロープやワイヤー、船体とマストが、まるで神秘的な街を構成するネットワークのように絡み合う、不思議な雰囲気を醸し出す空間として発展してきました。アルフレド・クーニャがライカQ2モノクロームを選んだのは、この港から感じる鼓動とそこに働く人々の姿を捉えるためです。

Image
Alfredo_Cunha
私が選びそして私の心を捉えたのは、この小宇宙です。この空間こそ、時を超える画像を生み出せると思ったからです。
アルフレド・クーニャ
Remote video URL
Image
Alfredo_Cuhna_gallery_1512x1008.jpeg
Image
Alfredo_Cuhna_gallery_51512x1008.jpeg
Image
Alfredo_Cuhna_gallery1_1512x1008.jpeg
Image
Alfredo_Cuhna_gallery2_1512x1008.jpeg
Image
Alfredo_Cuhna_gallery3_1512x1008.jpeg
Image
Alfredo_Cuhna_gallery4_1512x1008.jpeg
Image
Alfredo_Cuhna_gallery6_1512x1008.jpeg
Image
storypage_Alfredo_Cuhna_start_2400x1350.jpeg
Image
Teaser Alfredo Cuhna Story 2192x1460

受賞歴のあるポルトガルの報道写真家で従軍記者でもあるアルフレド・クーニャは、その力強いモノクローム写真で知られています。

Image
storypage_Alfredo_Cuhna_end_2400x1350.jpeg

「ライカQ2モノクロームは、コンパクトで控えめな目立たないカメラです。しかし、そこにはあらゆる技術が集約されています。私が写真に求めている機能をほぼすべて備えています。ライカQ2モノクロームは、まさに私の目の延長なのです。」

Image
Outro_Q2M_2400x1350.jpeg

ライカQ2モノクローム

Embrace the soul of photography