戻る

「ライカSLシステム」の最新ファームウェアを公開

「ライカSL2-S」および「ライカSL2」の機能追加と操作性向上を実現。「ライカSL2-S」では12bit RAW動画出力も可能に

「ライカSL2-S」および「ライカSL2」の機能追加と操作性向上を実現。「ライカSL2-S」では12bit RAW動画出力も可能に

ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、「ライカSLシステム」の最新ファームウェアを公開しました。「ライカSL2-S」最新ファームウェアは<Version 3.0>、「ライカSL2」最新ファームウェアは<Version 4.0>です。

「ライカSL2-S」の最新ファームウェア<Version 3.0>では、HDMI経由で外部レコーダーへのシネマ4K 60fpsのRAW動画出力が可能となります。RAW動画撮影は静止画のRAW撮影と同様に、ポストプロダクションでの調整の自由度が高く、より高画質な映像の実現も可能です。RAW動画は完璧にクリーンな状態で豊かなダイナミックレンジ、優れた色再現、鮮明なディテール描写など、プロレベルの高品位な映像に仕上げることができます。また、RAW動画出力に対応したことで、ATOMOS社の「NINJA V」「NINJA V+」、Blackmagic Design社の「Blackmagic Video Assist 12G HDR」などの外部レコーダーへ12bit RAW動画を出力することができるようになりました。

「ライカSL2」の最新ファームウェアは<Version 4.0>です。今回の「ライカSL2-S」と「ライカSL2」の最新ファームウェアによって、両機種共通で操作性を向上するとともに新たな機能を追加できます。具体的な内容としてはまず、サムホイールまたはフロントダイヤルにて直接ISO感度を設定することが可能となりました。また、無線LAN機能を自動的にオフにするまでの時間設定が可能な「Wi-Fiスリープモード」を追加できます。さらに、ジョイスティックを使って静止画や動画をお気に入りにマークすることができるようになりました。

今回の最新ファームウェアでは、Lマウントアライアンス・レンズの追加機能をサポートすることも可能になります。また、FNボタンのショートカット設定により多くのメニュー項目が設定可能になったほか、「Leica FOTOS」による位置情報追加機能も向上しています。AF機能のひとつである顔認識機能では、複数人数が検出された場合にはどの瞳にピントを合わせるかを選択できるようになりました。また、ISO感度をより細かく、1/2 EVステップまたは1/3 EVステップで設定できるようになりました。さらに、オートパワーオフ機能を完全にオフにすることができ、これにより、HDMIを経由した撮影時にオートフォーカスが作動しなくなってしまうことを防ぐことができます。

静止画撮影の利便性を向上させる機能も2つ追加されています。ひとつはAF機能に関するもので、AFフレームを前回測距した位置や中央に素早く移動させることが可能になりました。もうひとつは露出および被写界深度のプレビュー機能で、撮影前の確認がより容易となりました。

「ライカSL2-S」および「ライカSL2」の最新ファームウェアは、ライカの公式ウェブサイトの各機種ダウンロードページからダウンロードが可能です。

「ライカSL2-S 最新ファームウェア<Version 3.0

主な改善点

静止画&動画

NEW:サムホイールまたはフロントダイヤルにて直接ISO感度設定が可能に
NEW:無線LAN機能を自動的にオフにするまでの時間の設定が可能に(Wi-Fiスリープモード)
NEW:ジョイスティックを使って静止画と動画をお気に入りにマーク
拡張機能:Lマウントアライアンス・レンズの追加機能をサポート
拡張機能:FNボタンのショートカット設定により多くのメニュー項目が設定可能に
より正確に:AF測距方式人認識では人の眼に焦点を合わせることが可能に
より正確に:より細かいISO設定(1/2または1/3 EVステップにて)が可能に
より便利に:省エネモードの完全解除が可能に(HDMI録画時のAFシステムの解除は不可)
より正確に:ファームウェアの不具合修正

静止画

NEW:AF測距点を前回の測距点とモニター中央部の間で素早く移動
NEW:露出プレビューと被写界深度プレビュー
より正確に:位置情報記録(Leica FOTOS使用の際)

動画

NEW:外部レコーダー(HDMI経由)を使用してRAW形式での録画
より便利に:Cineモードの絞り値をT値(1/2または1/3ステップ)でより正確に調整
より便利に:Leica FOTOSによるHDMI出力に対応
より便利に:USB接続によるHDMI出力に対応

「ライカSL2」 最新ファームウェア<Version 4.0>

主な改善点

静止画&動画

NEW:サムホイールまたはフロントダイヤルにて直接ISO感度設定が可能に
NEW:無線LAN機能を自動的にオフにするまでの時間の設定が可能に(Wi-Fiスリープモード)
NEW:ジョイスティックを使って静止画と動画をお気に入りにマーク
拡張機能:Lマウントアライアンス・レンズの追加機能をサポート
拡張機能:FNボタンのショートカット設定により多くのメニュー項目が設定可能に
より正確に:AF測距方式人認識では人の眼に焦点を合わせることが可能に
より正確に:より細かいISO設定(1/2または1/3 EVステップにて)が可能に
より便利に:省エネモードの完全解除が可能に(HDMI録画時のAFシステムの解除は不可)
より正確に:ファームウェアの不具合修正

静止画

NEW:AF測距点を前回の測距点とモニター中央部の間で素早く移動
NEW:露出プレビューと被写界深度プレビュー
より正確に:位置情報記録(Leica FOTOS使用の際)

動画

より便利に:Cineモードの絞り値をT値(1/2または1/3ステップ)でより正確に調整
より便利に:Leica FOTOSによるHDMI出力に対応
より便利に:USB接続によるHDMI出力に対応

Press_Release_SL-System_Firmware_Update_May_2022.pdf
フォーマット
pdf (66.82 KB)
Image

ライカカメラ - 写真撮影のパートナー

ライカカメラ社は、カメラとスポーツオプティクスを製造する国際的なプレミアムメーカーです。ライカブランドの伝説的な名声は、優れた品質、ドイツのクラフトマンシップ、ドイツの工業デザイン、そして革新的な技術という長い伝統に基づくものです。ライカというブランドの文化に欠かせないのは、写真の進歩のために会社が行っている多様な活動です。世界中に広がるライカギャラリーやライカアカデミーのほか、ライカ殿堂入り賞や、現在最も革新的なスポンサーシップ賞の一つとされるライカ・オスカー・バルナック賞(LOBA)などがあります。さらに、ヘッセン州ウェツラーに本社を置き、ポルトガルのヴィラ・ノヴァ・デ・ファマリカンに第二の生産拠点を持つライカカメラ社は、独自の国内組織とライカストアによる世界規模のネットワークを持っています。